スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<脱税容疑>東京の建設会社と社長を告発 東京国税局(毎日新聞)

 所有する土地の取引に絡んで所得約10億円を隠し、約3億円を脱税したとして、東京国税局が東京都世田谷区の建設会社「立石建設工業」と立石勲社長(77)を法人税法違反容疑で東京地検に告発したことが分かった。

 関係者によると、同社は08年8月期に土地を売却して得た約10億円を隠すため、架空の取引で損が出たように装って法人税約3億円を免れた疑いが持たれている。隠した所得は借入金の返済や運転資金などに回していたという。

 同社は取材に「国税局の指摘に従い修正申告した」と話している。

 同社の関連会社「馬毛島開発」が土地のほとんどを所有する鹿児島県西之表市の馬毛島は、米軍普天間飛行場の移設先候補地として一時名前が挙がっていた。【加藤隆寛】

【関連ニュース】
不正パスポート取得:旅券法違反で公認会計士を追起訴
所得隠し:「ジャンボカラオケ広場」運営会社が4億円
商船三井:20億円申告漏れ 9億円追徴
京セラ:50億円申告漏れ、異議申し立てへ 国税局指摘
申告漏れ:商船三井が20億円 運航費過大計上、9億円追徴

静岡県連への活動費ストップ=小沢氏、2人目抵抗で報復か―民主(時事通信)
伊勢神宮の「せんぐう館」建設進む 再来年春に開館(産経新聞)
真夏日 群馬・館林で33.4度…全国102地点で記録(毎日新聞)
<西本願寺札幌別院>お寺の本堂が一夜限りの「クラブ」に バーテンは僧侶 悩み相談も(毎日新聞)
<JR西日本>播但線、姫新線などで運休 各線で遅れも(毎日新聞)

<村井長野知事>知事選不出馬を表明…田中康夫氏破り初当選(毎日新聞)

 長野県の村井仁知事(73)は13日の定例会見で「(田中康夫前知事の『脱ダム宣言』など)県政の混乱を立て直すため1期4年限りと決めていた。難題はある程度解決できた」と述べ、8月8日投開票の知事選に立候補しない意向を表明した。

 村井氏は衆院議員を計6期務め、05年に郵政民営化関連法案に反対して一度引退したが、06年の前回知事選に出馬し田中前知事を破り初当選。「脱ダム宣言」から方針転換するなど田中前県政からの脱却を図ってきた。

 8月の知事選では、安曇野ちひろ美術館長の松本猛氏(59)が立候補を表明したほか、阿部守一元副知事(49)に市民団体が出馬を要請している。【光田宗義】

【関連ニュース】
村井知事:自らの進退を6月県議会前に表明 /長野
選挙:知事選 県政連絡協、阿部氏に出馬要請へ 村井氏支援から転換 /長野
選挙:知事選 8月8日投開票 村井知事の動向焦点 /長野
選挙:知事選 村井知事、時機をみて態度表明 /長野
節分会:福を求めて4000人の参拝客−−善光寺 /長野

口を真一文字に結び…小沢氏、検事とどう向き合ったのか(産経新聞)
半導体装置会社が粉飾決算?…監視委捜索(読売新聞)
高槻市の死体遺棄、女性の養父が舞鶴で自殺(読売新聞)
戸別訪問を解禁=「通年国会」も−民主公約案(時事通信)
<振り落とし殺人>2容疑者を逮捕 京都府警(毎日新聞)

点滴混入公判 制度本格化へ試金石 専門用語多く負担増す不安(産経新聞)

 娘を死傷させたとして、傷害致死罪などに問われた被告の裁判員裁判が9日間の日程で始まった。精神鑑定で「代理ミュンヒハウゼン症候群」とされた被告だが、裁判員はこうした耳慣れない用語を理解し、その影響を量刑にどう反映させるか、判断を迫られる。今月21日で裁判員制度は導入1年を迎え、今後、本格的な否認事件や死刑求刑事件も予想されるなか、専門用語が多い上に長丁場となる今回の公判はひとつの試金石となりそうだ。

 被告は起訴内容を大筋で認め、責任能力も争われないため、争点はほぼ量刑に絞られた。検察側と弁護側にとっては、なじみのない精神鑑定結果や医学的な主張・立証をいかにかみ砕いて、裁判員に伝えていけるかがポイントとなる。

 検察側は医学用語約60語を説明した用語集を配布。公判でも医師の供述調書を朗読した際に「『髄液』という言葉は用語集にあります」と述べるなど、さっそく活用し、分かりやすい立証に腐心した。弁護側は被告の精神的な症状による判断力の低下が犯行の原因となったなどと訴えた。

 公判では精神鑑定医のほか、娘の主治医らの証人尋問に時間が割かれる。量刑判断に直結するだけに、出廷する医師にもできる限り平易な説明が求められる。

 東京地裁で3月、現住建造物等放火罪に問われた被告の公判では、鑑定医の証人尋問の際、男性裁判員が「全然分からない」と述べ、判決後の会見でも「用語が難しかった」との感想が目立つなど、専門用語を理解してもらう難しさが浮き彫りとなっていた。

 9日間の長丁場が裁判員の心身に与える負担も懸念される。選任手続きに訪れた裁判員候補者も審理の長さに不安を訴えた。

 最高裁が3月末までの裁判員裁判についてまとめた統計によると、全国444人の被告の開廷回数は、3回以内が261人、4〜5回が165人と、5回以内が約96%。6回以上は18人で、平均3・5回だった。

 昨年、7日間行われたさいたま地裁の裁判員裁判で、60代の男性裁判員は「長かったが、裁判は複雑で難しく、妥当な期間だと思う」と漏らした。

 今回はこれを上回る9日間。これから先、裁判員の負担を軽くしつつ、納得のいく結論を導くための適正な審理期間を見極める上で、判決後の裁判員の感想などを踏まえた検証が必要となりそうだ。

「金に困り…」盗んだカードで30万円分給油(産経新聞)
乳児揺さぶり脳出血、虐待22歳父に猶予付き判決「卑劣も反省」(産経新聞)
官房長官、きょう鹿児島入り=徳之島町議と会談へ−普天間(時事通信)
働き盛りの近視怖い パソコンなど悪影響 深刻な視力障害注意(産経新聞)
首相「公約というのは選挙の時の等の考え方」(産経新聞)

天下り不在400億円金融資産…万博機構どうなる存廃(産経新聞)

 27日午後の事業仕分けでは、万博記念公園(大阪府吹田市)を運営する「日本万国博覧会記念機構」の存廃が大きな焦点になる。機構には基金や有価証券など約400億円にのぼる金融資産があるが、仕分け人側は「有効活用されないのであれば、国と大阪府に返還すべき」と主張。存続させる場合にも、公園の活用策や、老朽化した園内施設の整備・更新など、さまざまな課題が浮かんでいる。

 万博機構は平成19年、22年度中に廃止する方針がいったん決められたが、昨夏の政権交代で、事実上凍結状態になっている。

 国が53%、大阪府が47%を出資。土地や建物など固定資産で約1060億円を保有しているほか、年間約29億円の運用資金は借り入れなく賄っており、約400億円の金融資産を蓄財。負債は66億円だけで、国からの天下り理事もおらず、“優良法人”ともいえる。

 大阪府は、公園の土地の所有権と運営権を分離し、運営権の移譲を要望。橋下徹知事は映画テーマパークを誘致する構想を打ち出し、利益の一部を国に渡すことで、国側にも利益があるとアピールしている。これに対し、国側は、廃止するなら出資割合に応じて資産を国に返還すべきだとしており、双方の主張には隔たりがある。

【関連:事業仕分け】
民間橋渡しで年100億円…医薬基盤研、天下り財団と癒着
理研、職員妻に月給50万円 枝野担当相「言い訳ばかり!」
熱気ない「蓮舫劇場」 成果演出に四苦八苦
仕分けられ法人は戦々恐々 「自浄」努力も
仕事かぶる? 仕分けられるか「消費者行政」

なんときれいな710年…平城宮跡オープン(読売新聞)
座いす、阪和道に投げ込み 車接触けが人なし(産経新聞)
重体の女性が死亡=東京・足立のアパート放火−警視庁(時事通信)
松本清張賞に村木嵐さん(時事通信)
鉄道運転士体験、初級編にファン次々挑戦(読売新聞)

<小沢幹事長>両親「偲ぶ会」に2500人 権勢誇示指摘も(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は18日、地元の岩手県奥州市水沢地区で、後援会関係者ら約2500人(主催者発表)を体育館に集め、父佐重喜氏、母みち氏の「偲(しの)ぶ会」を開いた。鳩山内閣の支持率が急落し、小沢氏の辞任を求める世論も7、8割に達する中、年忌法要でもない時期の大法要は、143人の議員団を率いた昨年の訪中や、自宅に166人の議員を集めた今年の新年会と同様「数の力」を頼む権勢誇示との指摘もある。小沢氏は法要で「本当に最後の総仕上げ、最後のご奉公だ」と強調したが、地元という自らの「原点」で示した強気の陰には、追い詰められた権力者の孤独もかいまみえる。

 ◇地元も揺らぎ、「数の力」に頼る

 「何としても日本に民主主義を定着させ、国民生活を末永く安定したものにする。私も残りの人生を頑張ってまいりたい」

 小沢氏は偲ぶ会でこう語り、支援者一人一人を握手で見送った。小沢氏の意向で法要には地元以外の国会議員は呼ばれず、達増拓也岩手県知事と今夏改選の2人の地元参院議員が指名を受けて焼香した。小沢氏に近い党幹部は「『お前たちは地元でこれだけ集められるか』という、党内へのデモンストレーションだ」と解説する。

 小沢氏は95年3月、今回と同じ水沢体育館で母みち氏の葬儀を営み、約4000人を集めた。94年暮れに新進党を結成したばかりの小沢氏にとって、1カ月後の統一地方選と夏の参院選に向け、幹事長として力量が問われる正念場だった。

 葬儀には小沢氏が岩手県知事選への擁立を主導した増田寛也氏も参列。統一地方選で増田氏は初当選を果たし、95年参院選で新進党は40議席を獲得し改選議席を倍増させた。この時の勝利が念頭にある小沢氏は、今回の法要も「水沢体育館でやれ」と指示。今月12日の記者会見で「(地元に)僕が行けば必ず数千人集まる」と強調していた。

 しかし、小沢氏を取り巻く状況は厳しさを増している。20日にも自らの資金管理団体を巡る事件で検察審査会の議決がでる可能性がある。21日には党首討論、22日には鳩山由紀夫首相の元秘書の政治資金規正法違反事件の判決というハードルも控える。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の混迷で首相と小沢氏が退陣する「5月政変」の可能性もささやかれる。

 初当選以来小沢氏を支援してきた地元後援会関係者でさえ「水沢でも『何でもっと身の回りをきれいにしねえのや』と言う人もいる。法要に誘っても足踏みする人もいた。足元が崩れかかっている」と疲れた表情で語る。

 小沢氏が師と仰ぐ故田中角栄元首相は、ロッキード事件の1審有罪判決後、竹下登蔵相(後に首相)の父親の葬儀に国会議員約100人を率い、チャーター機で島根入りした。逆境をはね返そうと強気に出る姿は、「訪中」「新年会」「大法要」と一連の行動で数に頼る小沢氏と重なって見える。

 ◇「誰にも相談しない」

 しかし、なぜ両親の法要なのか。小沢氏は68年に死去した佐重喜氏について「親しみというか、父子の情愛というか、そういう情緒的な思いは、あまり持っていなかった」(80年出版の「人間小沢佐重喜」への寄稿)と語っている。

 「最後の奉公で頑張る」(小沢氏)とした07年参院選前の4月、小沢氏は鹿児島県の故二階堂進元自民党副総裁の墓前で手を合わせた。昨年8月の衆院選直前にも、父佐重喜氏の墓参りの後、郷土出身の原敬元首相の墓参りをしている。

 「何か決める時、小沢さんは誰にも相談しない」(側近議員)。小沢氏にとって、ここぞというときに頼れるのは物言わぬ「仏」だけなのかもしれない。【念佛明奈】

【関連ニュース】
民主党:参院幹事長「暫定税率を維持」…環境と整合性なく
小沢幹事長:衆院選マニフェスト見直さず
小沢幹事長:後援会が地元で18日、両親の「偲ぶ会」
米国:「事務所に問い合わせて」 小沢氏訪米中止で国務省
小沢幹事長:5月の訪米見送り

「立ち上がれ…」略称「日本」、新党日本と重複?(読売新聞)
【産科医解体新書】(84)塩分取りすぎ どう防ぐ(産経新聞)
サクラの季節なのに… 練馬や箱根で積雪(産経新聞)
<民主党>参院選「与党過半数割れ」危機感(毎日新聞)
<制度改革>議論スタート 株式会社、農業参入促進など(毎日新聞)

「論文不正あった」解雇認める=筑波大元教授敗訴−水戸地裁支部(時事通信)

 筑波大大学院の長照二元教授(56)が、研究論文の実験データ改ざんを理由に懲戒解雇されたのは無効として、同大などに地位確認と2000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、水戸地裁土浦支部であった。犬飼真二裁判長は「恣意(しい)的なデータ解析などの不正行為を指導、実行した」と述べ、長元教授の請求を棄却した。
 犬飼裁判長は「懲戒解雇は学外の専門家を含む調査委員会で検討し、慎重に判断された」と指摘。解雇権の乱用には当たらないと判断した。 

【関連ニュース】
筑波大元教授の請求棄却=「論文データ改ざん」解雇訴訟
田辺三菱製薬を業務停止=子会社が試験データ改ざん-16項目で薬事法違反・厚労省
病院理事長らを書類送検=カルテ改ざん、患者拘束死
小糸工業が役員処分=航空機座席の耐火試験ねつ造で
債務超過状態で購入勧誘=帳簿改ざん、運転資金に充当

<カンヌ映画祭>北野武監督の新作出品(毎日新聞)
石原知事「大事なことはストップ・ザ・民主」(産経新聞)
火山噴火 政治、スポーツ、芸能活動にも影響(産経新聞)
タイで死亡の村本さん、熟練者が狙撃か(読売新聞)
中尊寺僧侶、女子高校生にみだらな行為(読売新聞)

明るい色彩で描く「重さ」 “異色アーティスト”O JUN(産経新聞)

 異色アーティスト、O(オウ) JUN(ジュン)(昭和31年生まれ)が、いま注目を集めている。最近では大阪の国立国際美術館の「絵画の庭−ゼロ年代日本の地平から」や、東京の国立新美術館の「アーティスト・ファイル2010」などの展覧会に出品。現在、東京で個展も開催され、不思議な絵画世界を見せている。(渋沢和彦)

                   ◇

 東京・市谷田町にあるミヅマアートギャラリーで開催されているO JUN展。入り口付近の壁面に奇妙な1枚の絵が掛けられている。「街」という作品。何が何だか判別できない物の断片があふれ、ぐちゃぐちゃに積み重なる。全体がピンク色のやさしい色彩に包まれているのに対し、画面に塗られた油絵の具は激しいタッチを残す。

 津波をモチーフにした作品だ。平成16年末のスマトラ島沖地震でインドネシアを襲った津波の映像は衝撃的だった。建物が押し流される恐怖のシーン。それがモチーフだろうか。O JUNは、モチーフに対する思い入れはなく、しばしば新聞やテレビで見たものが選ばれる。が、観る側は明るい色彩と事物をあいまいに表現した奥に恐怖を感じてしまう。

 また、「山の人生」という題のドローイングもある。意味不明な記号やマークのような形はクレヨンやパステルで描かれた。作者は柳田国男の『山の人生』に大きな影響を受けたという。山で生きる人々の生活を記録した本書には、胸を打つ悲しい話が記されている。単純化した無表情の形がある一方で、赤いパステルで描いた山脈などの風景は情念を潜ませたように見える。

 O JUNとはなんとも奇妙な名だろう。本名は非公開にしているが、近年は注目の人気作家。東京芸大で油彩を学び、バルセロナやデュッセルドルフで活動。現在は東京芸大准教授としても活躍している。

 国内外から7人の旬のアーティストの一人として選ばれた「アーティスト・ファイル2010」(国立新美術館、5月5日まで)では、1室の壁面を100点ほどの絵画で埋め尽くした。壁面から押し寄せる大小さまざまな絵画は圧巻で、作家のパワーにさらされる。

 国立新美術館の宮島綾子主任研究員は本展テキストで、「切ないほどにリアリティーを放つ平らな光景を、わたしたちの目の前に開いてくれるのではないだろうか」と解説する。

 一見、明るい色彩を多用しフラットに描いた作品は楽しそうに見えるが、社会性や思想などを秘めたリアルさを持ち、深くズシリと重い。ミヅマアートギャラリーは24日まで開催(日月曜休)。

逮捕の警部補、盗撮も=県警が懲戒処分−富山(時事通信)
人気ありすぎて… 築地市場のマグロ競り見学が中止 5月9日まで(産経新聞)
業者が継続的に遺棄か 山中の犬約100匹死骸遺棄 飯能(産経新聞)
<井上ひさしさん死去>父の芝居、継続して上演…三女が会見(毎日新聞)
<みんなの党>参院選比例に前杉並区議を擁立(毎日新聞)

川崎汽船のコンテナ船、2発被弾=けが人なし−ソマリア海域(時事通信)

 国土交通省に6日までに入った連絡によると、アラビア半島イエメン沖のアデン湾で5日午後9時ごろ(日本時間)、川崎汽船(東京都港区)が運航するコンテナ船(パナマ船籍、約9万8700トン)が海賊船とみられる不審なボート1隻に追跡され、発砲を受けた。左舷後方部とデッキに1発ずつ被弾したが、乗組員24人にけが人はなかった。日本人の船員はいなかった。
 同省によると、コンテナ船は約45分にわたり追跡されたが、ジグザグ航行し、最終的に振り切った。使用されたのは、重火器とみられる。同船はシンガポールから欧州に向け航行中で、そのまま航行する。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
拳銃と実弾42発、山中で発見=強殺未遂事件で逮捕の男供述
強盗殺人未遂容疑で男を逮捕=景品交換所に発砲
シー・シェパード活動家を起訴=傷害罪も、犯意否認
事件関連で射撃残さ付着か=コート、アタッシェケース

将棋の女流清水二冠、コンピューターと対局へ(読売新聞)
「諸般の事情に鑑み」お役所言葉改めます(読売新聞)
韓国人ホステスに偽装結婚あっせん 44歳男を逮捕 (産経新聞)
【1都4県週刊知事】静岡 川勝平太知事 FDAの心意気、感謝(産経新聞)
<中国毒ギョーザ>日本に捜査員を派遣へ 中国公安当局(毎日新聞)

<フロアマット>「全天候型」16車種でアクセルに接触(毎日新聞)

 全天候型と呼ばれる自動車用の市販フロアマットを敷くと、26車種中16車種でアクセルペダルがマットに引っかかる可能性があることが30日、国民生活センターのテストで分かった。純正マットでも固定しないと7車種で引っかかった。アクセルが戻らないまま暴走する恐れがあり、同センターと消費者庁は注意を呼びかけている。

 米国でのトヨタ自動車の自主改修を受け、8社26車種の純正フロアマット、全天候型の市販マット3社4銘柄をテストした。全天候型は、雨水が車内にこぼれにくいように縁が高いタイプで、トヨタの自主改修の原因となった。床に固定しないためにずれたり、形状が合わなかったりしたため、端部や溝、しわにペダルが引っかかることがあった。ペダルから足を外しても加速を続けたり、ブレーキを踏んでも停止できないケースも確認されたという。

 同庁は同日、業界団体にブレーキ優先の機能を検討するよう要望した。国土交通省によると、マットにペダルが引っかかったことが原因と見られる事故は過去1年間で13件報告されている。【山田泰蔵】

【1都4県週刊知事】千葉 森田健作知事 「県庁の巨匠」になれ(産経新聞)
首相と小沢氏が2時間会談、稲盛和夫氏も同席(読売新聞)
19道府県に2万2000個=廃ポリタンク漂着状況−環境省(時事通信)
足利事件 検証結果、最高検も公表 「本部係検事」を全国配置(産経新聞)
小学教科書検定 伝統文化尊重、ページ数増で「ゆとり」決別(産経新聞)

「せんとくんカプチーノ」登場=奈良〔地域〕(時事通信)

 平城遷都1300年祭の公式キャラ「せんとくん」の顔を描いたコーヒー「せんとくんカプチーノ」が19日から、近鉄が経営するカフェ「チャオプレッソ」の奈良、京都、大阪、三重4府県の近鉄駅構内にある6店舗で発売され、人気を呼んでいる。
 せんとくんカプチーノは、通常のカプチーノ(税込300円)に、せんとくんの顔をかたどった型の上からココアパウダーをまぶして作るが、値段は同じ。近鉄奈良店では入り口にポスターを掲示したこともあり、初日は朝から注文が相次ぎ、普段の1.5倍の売れ行きだったという。
 客からは「かわいい」と評判で、特に女性の人気が高いという。携帯電話やカメラで撮影する人も多く、同店の男性スタッフは「奈良のいい思い出作りになってくれれば」と話している。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕拉致市川さん父「110歳まで生きる」=鹿児島
〔地域の情報〕区営リゾートホテルをリニューアル=東京都江戸川区
〔地域の情報〕珍品種に「容保桜」と命名=京都
〔地域の情報〕岡崎城の東隅櫓が完成=愛知県岡崎市
〔地域の情報〕ソメイヨシノ発祥の駒込をPR=東京都豊島区

<広島市>議会が五輪関連予算全額削除の修正案可決(毎日新聞)
<岡田外相>米国防長官と会談へ 普天間移設など協議(毎日新聞)
<自民>議員懇を拡大…立候補予定者も参加 4月上旬に(毎日新聞)
<足利事件>菅家さん無罪判決 被害者遺族は事件風化に懸念(毎日新聞)
爆発 建設中のごみ処理施設で 4人重傷 4人けが 姫路(毎日新聞)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
無料 ホームページ
即日現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
主婦 お金
現金化
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM